-->
 
  
南信州伊那ENJOYフットサル(MIEFS:みーふす)
  
長野県伊那・南信州エリア、フットサル人の輪を広げ、皆が楽しめ交流できる場を作っていきたい♪(地域コミュニティSite)
 
長野県南信・上伊那:伊那市/駒ヶ根市/南箕輪村/宮田村/箕輪町/辰野町/飯島町/中川村、下伊那:松川町/高森町/飯田市、木曽/諏訪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラインドサッカー
先週5/10(木)夜、NHK「福祉ネットワーク」という番組で「ブラインドサッカーで世界を目指せ!」が放送があった。
たまたま見ていたのだが、結構感銘を受け印象に残った。
「ブラインドサッカー」って視覚障害者が5対5で目隠しをしながらサッカー(=フットサル?)をする競技。
眼が見えないのにどうしてボールを追えるんだろう?と不思議に思って見ていたのだが、音の鳴る特殊なボール利用とフィールド外で指示するコーラーと呼ばれる選手位置やゴールまでの距離の声の知らせにより、選手は状況判断してプレーするようだ。

視覚障害者サッカー選手の落合啓士(おちあい ひろし)さんという人が番組で出ていた。一時期眼がみえなくなり絶望状態だったようだが、ブライドサッカーに出会い人生の目標を見つけ現在ブラインドサッカー日本代表で活躍している。かなりさわやかな人、料理するときなど家で過ごすときも常にサッカーボールに触れて生活しており、サッカー技術向上に取り組んでおり、真剣な姿に感心した。まさに、「Soccer is Life」を地で行っている。
※ちなみに、家でも常にボールに触れるなどすることはボールコントロール技術/ボールを足に馴染ませるための良いトレーニングのようだ。(中村俊輔選手も昔そのように実践してたみたい)

JFAフットサル理念に「いつでも、どこでも、だれでも楽しめるフットサル」とある。MIEFSを運営しているが、本当に誰にでも楽しめる場(/地域文化)環境を創っていくことは本当に難しくなかなか上手くいかない。今回は落合選手の前向き一生懸命・真剣な姿にインスパイア共感。頑張って下さい!

<関連参考情報>
日本視覚障害者サッカー協会 JBFA
http://www.b-soccer.jp/

スポンサーサイト

 ◆ ↓ポッチと押して↓、ブログランキングUPにご協力下さ~い!↓
 (フットサル/サッカーBLOGランキングページに飛びます)。
FC2 BlogRankingBanner2にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへBlogRankingBanner
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futsal17.blog96.fc2.com/tb.php/40-636f52b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
長野県南信・上伊那地区エリア:伊那市/駒ヶ根市/南箕輪村/宮田村/箕輪町/辰野町/飯島町/中川村、下伊那/木曽/諏訪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。